Archive for the ‘未分類’ Category

お酒を控えるべき理由

女性のムダ毛の悩みを解決する方法として、医療脱毛やエステ脱毛などが人気を集めていますね。

 
やはり毎日自分で処理をするのは本当に大変ですし、自己処理を繰り返すことで毛穴が開いたり、カミソリ負けしてしまったりというような肌トラブルを招いてしまうこともありますから、やはり専門機関の脱毛を利用したいというニーズは依然として高いままなのです。

 
そして、脱毛の施術を受ける場合には、いくつかの注意点があります。
その中のひとつが、アルコールの摂取に関することです。
やはり、脱毛といえども施術ですから、万全の体調でのぞむことがとても重要になります。
ですから、脱毛の施術の前日、当日は必ずお酒を控えるようにしましょう。
アルコールを摂取することで、睡眠の質が低下するということは確固たる事実ですし、睡眠不足の状態で施術を受けることはやはり望ましいとは言えません。

 
二日酔いなどの状態で受けると、施術中に気分が悪くなる方もいらっしゃいますから、絶対に避けるようにしましょう。
さらに、施術を受けた当日はやはり普段よりも肌が敏感になっています。
アルコールを大量に摂取するなどしてしまいますと、肌に影響が出ないとは言い切れませんし、やはりその日はゆっくり休むことが大切です。
しっかりと体調を整えた上で利用するようにしてくださいね。

制汗剤の使用は絶対禁止

女性には脱毛したい箇所がたくさんありますが、一番どこを脱毛したいのかと聞かれれば、脇脱毛だと答える人が多いのではないでしょうか。

 
脇は脱毛したい場所ではありますが、デリケートでもあります。
普段はあまり露出することはありませんが、汗をかきやすく臭いも発生しやすいです。

 

ウェディング10
脇脱毛はエステで行う人も多いでしょうが、自宅で行う人も多いです。
比較的、自宅でも簡単にできる脇脱毛ですが、デリケートな場所なだけにエステで脱毛処理をすることを選ぶ人が多いです。
脇は汗をかきやすく臭いを発生しやすいために汗や臭いを抑えるパウダーなどを使用している人も多いことでしょう。
注意するべきことは、脱毛をする直前や直後には、これらの制汗剤を使用しないようにすることです。
直前に脱毛する箇所に何かが付着していると、毛穴をふさいでしまい、うまく脱毛できません。
特に光脱毛だと毛穴をふさぐことは避けなくてはいけないことです。
脱毛直後は、デリケートな箇所が、よりデリケートな状態になっています。
刺激のあるものを付けてしまうことで、皮膚のトラブルを招くことがあります。
いつから使用できるようになるのかは、エステによって違いがあります。
自宅で処置した場合でも、直後には使用しないようにしましょう。

脇脱毛の保証

近ごろでは、むだ毛に悩んでいる人が数多く見られます。脇や手足、ビキニラインや背中、顔など、さまざまな部分のむだ毛が気になってしまい、強いストレスを感じてしまう女性も増えてきているのです。そのような場合には、エステサロンやクリニックなどで手軽に受けることのできる脱毛を行うと非常に効果的なのです。

ウェディング08
最新の脱毛機器を使用することによって、痛みをほとんど感じることなくスピーディーに脱毛を行うことが可能です。また、毛深い人や毛が太く剛毛な人でも安心して施術を受けることができるように、脇脱毛の保証制度を設けているサロンなども増えてきているのです。

 
むだ毛が太く、毛量が多い人は、通常よりも脱毛回数が多くなることがよくあります。そのため、脱毛回数を無制限にしたり、全ての施術が完了した後でも毛が生えてきた場合には何度でも脱毛を受けることができるように、さまざまな制度を設け、全てのお客様のために質の高いサービスを提供しているのです。
このように、お客様に満足していただけるためにあらゆる取り組みを行って、きめ細かい対応を心がけているのです。そのため、多くの利用者からは、非常に高い人気と信頼を集めているといえます。

 

制汗スプレーは使用NG

最近では、脇脱毛を低料金で提供する脱毛サロンが増えていますが、施術前後に制汗スプレーなどの制汗剤を使用しないように注意されることが多いようです。ウェディング07

 

 

これは、制汗剤に含まれる化学物質が肌への刺激となり、脇の下の炎症や黒ずみを招くためです。
現在、脱毛サロンや美容クリニックで主流となっているフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、ムダ毛に光を照射することで発生する熱の力で毛根の細胞を破壊する方法なので、脇脱毛の直後の肌は、熱による軽度の炎症などで非常に敏感な状態になっています。
このため、施術後の制汗剤の使用すると、肌に強い刺激に与えることになるため、脇の下の炎症や肌荒れ、黒ずみなどが引き起こされやすくなるわけです。
特にスプレータイプの製品は、霧状の薬剤が勢い良く毛穴に向かって噴出され、脇脱毛したばかりの敏感な肌に強い刺激を与えるので、注意が必要です。

 

 

一方、制汗剤の中には毛穴に入り込んで汗がでるのを抑制するパウダー状の成分が配合された製品も多いようです。
こうした製品は、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の光を遮って脱毛効果を低下させる場合もあるので、施術前に制汗剤を使用するのもやめておくべきでしょう。

 

 

なお、フラッシュ脱毛以外にも、脱毛サロンや美容クリニックでは様々な脱毛施術が提供されていますが、どんな方法であっても、脱毛直後の肌は敏感になっているので、できるだけ制汗剤の使用は控えることが大切です。
現在では、化学物質を使用していない無添加の製品もあるので、夏場に汗が気になる場合にはこうした製品を少しだけ使用してみることをお勧めします。

毛抜きを使用した自己処理はNG

ウェディング06

自分でムダ毛の処理をする場合、多いのが毛抜きで一本一本抜いていく方法ではないでしょうか。

 

でも実際にこの方法で脱毛をしていると、毛穴が目立ってしまったり埋もれ毛が生えてしまう場合もありますよね。これは無理やりムダ毛を抜いてしまう事によって、毛根を痛めてしまうために起こります。また、毛穴にばい菌が入ってしまって、炎症を起こしてしまう場合もあるのです。その点、脱毛サロンでレーザーやフラッシュで脱毛をすれば、痛みもほとんどなく施術後のケアもきちんとしてもらえますので、キレイに脱毛することが可能です。自分でムダ毛処理をしている人にとって「脱毛サロンはお金がかかる」と思われているかもしれません。たしかに自分で処理をするよりはお金はかかってしまいます。

 

 

しかしいつも剃り忘れを気にしなくてもよくなりますし、お肌が荒れてしまうこともありません。脱毛サロンによってはウェブサイトに詳しい説明が載っていますし、無料カウンセリングを行っている脱毛サロンが多いので、不安に思うことはどんどん質問をしてみるのが良いでしょう。自分で脱毛をするよりも、出来あがりがきれいなので、きっと肌を出すのに自信を持てるようになりますよ。

脇脱毛の注意点

脇脱毛の施術を受ける場合の注意点としては、美容外科や美容サロンによって施術の内容が違うことがあげられます。美容外科では、しっかりとしたレーザー治療を行うことができます。それに対して、美容サロンでは法律に配慮する形で、レーザーの出力を下げて脱毛治療を行うのです。そのため、美容サロンで施術を受ける場合は、料金が安いメリットはありますが、効果を得るまでに時間がかかりすぎることがあります。

 

 

脱毛をするときの注意点として重要なことには、毛周期を見極めることもあります。人間の体毛は毛周期によって循環をして抜け替わりををするのですが、脱毛をするときには限られた時期を選ばなければならないのです。毛周期には成長期、退行期、休止期があるのですが、レーザー脱毛をするために適しているのは成長期のときです。休止期や退行期では毛根のメラニン色素が発生しないため、レーザー照射が行えないのです。

ウェディング05

 

脱毛をするといっても、1回だけの治療で完璧に毛がなくなるわけではありません。脱毛率を向上させていくために、何度もレーザー治療を行うようにすることで効果を得られるのです。すぐに結果を求めるようだと期待はずれになることもありますから、気長に続けることも大切です。

半年から8ヶ月後に効果を実感する人が多数

夏場は露出度が高い洋服を着る機会が多くなり、ノースリーブを着ることもあります。

 
ノースリーブは脇が見えてしまうので、念入りにムダ毛の処理をしなければなりません。
脇は皮膚や肉が柔らかい場所にあって、自分からは見えにくい場所にあるので、自分で処理をする場合に上手く処理をするのは大変です。
カミソリで処理をしていると毛根が残ったり傷になってしまい、赤くなったり黒ずんだりしてしまいます。

ウェディング04
毛抜きを使って処理をした場合には毛根も残らずにきれいにできますが、これも肌を荒らしてしまいます。
毛抜きを使った場合には一本ずつ抜いていくので時間が掛かってしまいます。

 
エステサロンに行くとプロのエステティシャンが処理をしてくれるので、レーザー脱毛をすることによって綺麗にしてくれます。
エステサロンではさまざまなコースがあって、自分が処理をしたい場所だけを脱毛してくれるので、効率よく処理ができます。
毛にはサイクルがあるので一回だけでは綺麗にはならないのですが、繰り返し処理をすることによって効果を実感できます。
半年から8ヶ月後に綺麗になってきて実感する人が多数で、ムダ毛のサイクルに合わせて処理をすることにより効率良く脱毛ができます。

1年に6回が平均的

脱毛には平均的な回数があり、1年に6回といわれています。

 
これは毛周期と深く関係しています。毛には寿命があり、それぞれの部位によってかわります。たとえば頭髪は、一度生えると、自然に抜けるまで2年がかかります。しかし、わきや眉毛などは2か月から3か月で自然と抜け落ちるようになっています。

ウェディング03
たとえばわきの脱毛をする場合には、1度施術してから2か月ほどたつと、あたらしい毛がはえるために、次の施術ができます。そのため、1年で6回ほどおこなうのが平均とされているのです。

 
毛が一度生えてから自然に抜けても、次に新しい毛が皮膚の下にスタンバイしています。これは4サイクルあるといわれています。そのため、今生えている毛をすべて抜いたとしても、次に2回目のサイクルの毛が生えてきて、それが4回くりかえされます。

 
しかし、毛抜きなどで自分で抜いてしまうと毛の周期がくずれてしまい、4回ではなく5回以上のサイクルとなります。そのため、4回施術しても終了することなく、1年以上の期間がかかることがあるのです。

 
ちなみに、陰毛はわきよりも毛の寿命が長いため、1度施術してから次の施術をするまでに、多少時間が長くなる傾向にあります。

脇脱毛にかかる期間

脇脱毛にかかる期間は脱毛方法の違いや毛量によっても異なりますが、現在最も主流な脱毛方法となっている光脱毛と医療レーザー脱毛であれば、完全にムダ毛が生えてこない状態になるまでは最低で約1年程度は必要です。

 

ウェディング02
このような長期間に渡る施術が必要となる理由はムダ毛の生え変わりサイクルである毛周期にあります。
全身の体毛には毛周期という生え変わりサイクルがあり、脇や腕などのムダ毛であれば2~3ヶ月のサイクルで新しい毛と古い毛が入れ替わっています。
皮膚の表面に現れているムダ毛は全体の2割程度であり、残りの8割は生えるまで皮膚の下で待機している状態です。
光脱毛や医療レーザー脱毛で効果があるのはそのうち皮膚の表面に生えているムダ毛のみであるため、1度の施術で処理できるのはムダ毛全体の約2割となるわけです。

 
1度施術を行った後、2~3ヶ月後にそれまで皮膚の下で待機していたムダ毛が生えてきたタイミングでまた施術を行う、といった流れを繰り返すことによって徐々に毛が減っていきます。

 
医療レーザー脱毛は光脱毛に比べて効果が出やすいため5回程度でほぼ完全に毛がなくなることもありますが、光脱毛は8~12回程度が目安とされていますのでそれぞれ必要になる合計施術期間は多少異なるということに注意しましょう。